CTPフィルムレス印刷とは

従来、印刷用の版は、製版フィルムを「PS版」という感光材料(ベースはアルミ板)に露光し、作成していました。 これに対し、「CTP(Computer to Plate)フィルムレス印刷」は、DTPデータから直接刷版を出力します。 これにより、製版フィルムの全廃による産業廃棄物の軽減はもとより、現像廃液の排水の減少や、印刷工程での本刷りまでの印刷予備紙の削減効果もあります。

「無駄なものを省く」。これは、「環境に優しい印刷」の基本の在り方です。

CTPワークフロー