環境への負荷を軽減する水なし印刷とは

有害物質を含んだ廃液を大幅に減らすことができる印刷方式です。

通常のオフセット印刷では、その印刷工程において「湿し水」と呼ばれる水が使われていますが、この湿し水には、IPAやエッチ液などの有害物質が含まれ、印刷業務における環境問題の大きな要因の一つとされていました。 私たちが行う印刷方式「水なし印刷」は、この湿し水を一切使用しません。そのため、通常のオフセット印刷に比べ、印刷工程の廃液量はゼロ。刷版現像行程での廃水量も、大幅に減らすことができます。

水なし印刷と水あり印刷の違い

※1 BOD
水中の有機物が微生物によって一定時間内に酸化分解される時に必要な酸素量を表す。 有機物による水の汚染度を表す目安として生物化学的酸素要求量と呼ばれている。
※2 COD
水中の有機物が酸化剤で化学的に酸化分解される時に必要な酸素量を表す。 有機物による水の汚染度を表す目安として化学的酸素要求量と呼ばれている。
※3 湿し水
湿し水の中にはIPAやトリクロールエチレンなどの有機溶剤とグリコールエーテル、りん酸液、有機酸から成るH液が含まれる。

ハイクオリティを実現する水なし印刷

水なし印刷は、インキが水でにじまないため、 点のひとつひとつがくっきりと再現され、高精細な美しい仕上がりの印刷物が得られます。 水なし印刷ならではの網点、線画の再現力が高精細な品質を保証します。

例えば、凹凸の大きい上質紙やマット紙、和紙でもデータどおりの円形の網点が用紙上に確実に再現します。 また、肉眼では読めない1級クラスの文字でも拡大してみると見事に再現できていることがわかります。

ハイクオリティを実現する水なし印刷

バタフライロゴ

バタフライロゴは、その印刷物が、水なし印刷方式で行われたことを表すロゴです。 この制度は「日本水なし印刷協会」によって運営されています。

バタフライロゴ